うえしば もりへい

14.12.1883 – 26.04.1969

植芝 盛平

明治16(1883) 12月14日和歌山県西牟婁郡西ノ谷村(現在の和歌山県田辺市上の山)に生まれる。
明治41(1908) 坪井政之輔氏より後藤派柳生流柔術の免許を受ける。
明治44(1911) 志あって政府募集の北海道開拓民に応募、明治45年(1912)団長として北海道紋別郡白滝原野に55戸の同志を引きつれて移住、土地の開拓に着手する。ここで大東流柔術の武田惣角氏に会い教えを受ける
大正08年 (1919) 父危篤のため故郷に帰る。途中京都綾部町に立ち寄り初めて大本教の出口王仁三郎師に会い心を開かれる。父逝去後一家京都綾部に移住し、修行道場植芝塾を開設する。
大正末年 武道の新境地を開く。本格的に「合気の道」と呼称する
昭和02(1927) 一家上げて上京、海軍大学校はじめ各所で指導する。
昭和06(1931) 現在の東京都新宿区若松町に合気道専門道場を建設する。
昭和15(1940) 公益法人として財団の許可を得る。
昭和16(1941) 茨城県岩間町に野外道場を設置、心技さらに一段と飛躍。合気道普及の礎となる指導者の育成につとめる。
昭和30(1955) 国内はもとより海外においても合気道の普及発展に力を尽くす。
昭和35(1960) 合気道創始の功績を以って紫綬褒章を賜わる。
昭和39(1964) 勲四等旭日小綬章を受賞。
昭和44(1969) 4月26日逝去(86才)。生前の合気道創始の功績とその普及の功により勲三等瑞宝章を賜わる。正五位叙位。