27.06.1981-

植芝 充央

植芝充央は1981年生まれ、6月27日は現在の合気道御所の植芝守央の息子です。アイモト制度に対応して、彼は父親を道順として継ぐことが期待されています。合気道の創始者、植芝盛平の孫である。 2012年4月からは、本部道場の演出館です。植芝充央はワカ先生と呼ばれ、II 道順植芝吉祥丸がまだ生存していた時に植芝守央に適用された。文字通り、日本語の “ワカ”は “若い”を意味しますが、この場合の意味は全く異なります。日本の文化では、「ワカ」という言葉は、「後継者」と呼ばれ、父親(この場合はドシュ)の後に続く人物です。